2010年に発売されたロータリースピーカーシミュレーター、VENTILATOR (ヴェンチレーター) は世界中で大きな話題となりました。その後2014年に発売された2代目となる VENTILATOR II はフラグシップモデルとしてロングセラーを続けています。

同時期に VENTILATOR II の簡易モデルとして登場した初代 mini VENT はギター用とオルガン用の2つのモデルをラインナップし、小型軽量でコントロールノブもないなどシンプルな操作性ながらもエディット可能なパラメーターを装備しており、その設定を複数メモリーすることが可能でした。

このたび登場する進化した mini VENT II は、ひとつのモデルでギター用とオルガン用を兼用し(モードの切り替えによる)、さらにエディットできるパラメーターも増えています。シンプルな操作性でリアルなロータリースピーカーサウンドが必要であれば、オルガンのみならず多くの楽器プレイヤーに活用していただけるこちらの mini VENT II がお勧めです。

主な特長

mini VENT II は人気のロータリースピーカーシミュレーター VENTILATOR II をより多くの皆様にお使いいただける様にアレンジされた mini VENT の後継モデルです。

フラッグシップモデルである VENTILATOR II と同一のサウンドエンジンを備えており、よりシンプルに使えるようノブを排し、かわりにふたつのプリセットをリアパネルにあるA-Bスイッチで切り替えて使用します。

初代モデルはオルガン用/ギター用として2機種がラインナップされていましたが、mini VENT II ではモード切替により1台で兼用できる仕様になっています。

  • ロータリースピーカーの低速回転(Lo)と高速回転(Hi)のサウンドを個別にシュミレート
  • 回転速度の変更時には速度が徐々に変化
  • Bypassスイッチはロータリーエフェクトのオフとして機能
  • SLOW/FASTスイッチとBYPASSスイッチを同時に踏むことで回転エフェクト停止(スピーカーは正面位置で停止)

新機能

  • パラメーターの拡張 (Speed、Balance、Drive、Distance、Mode)
  • バイパス状態を電源オフ時にメモリー
  • Distance機能に VENTILATOR II と同様のモジュレーションカーブを採用
  • フットスイッチの動作をカスタマイズ可能
  • 工場出荷時に戻せるファクトリーリセット機能

主な仕様

  • フットスイッチ:SLOW/FASTスイッチ、BYPASSスイッチ(両方でSTOP)
  • プッシュスイッチ:プリセットA-B切り替え
  • インプット:アンバランス1/4"TSジャック
  • アウトプットL:アンバランス1/4"TSジャック
  • アウトプットR:アンバランス1/4"TSジャック (モノ出力時はアウトプットRを使用)
  • 内部ジャンパー:インプットゲインセレクト
  • 電源:12VDC/500mA仕様ACアダプター付属(電池駆動非対応)
  • 外形寸法: 100 x 105 x 50 mm
  • 重量:560g
ページトップへ