Mu Voice

2008年1月の米国NAMMショーでデビューを果たした新しい会社、Mu Technologies 社がその第一弾として発売を開始するのが、同社が誇るスペクトル解析と合成技術を応用したMu Voiceです。

手軽に使えるボーカル用のプロセッサーとして、様々なアプリケーションソフト にプラグイン。ピッチ修正やボーカルのエフェクト処理はもちろんですが、何と いってもシンプルな操作で簡単かつナチュラルなハーモニーをつくることができ ます。このMu Voiceプラグインは、あなたのボーカルトラックをより素晴らしい 完成度へと導いてくれることでしょう。 また、内部ディレイはわずか5.8 ms。ライブパフォーマンスでもMu Voiceは秘密 兵器となるでしょう 各種デモがYouTubeのMu Technologies社公式チャンネルでご覧いただけます。

主な機能

・プラグインとして動作
・ボーカルトラックのピッチ修正/エフェクト処理に最適
・インテリジェントな4ボイスのハーモナイズエフェクトで、曲中のキーやコー ド情報にフィット
・各ボイスで独立して、ピッチ・シフト、パン、ヒューマナイズ、フォルマント、フィルター、EQなどを設定可能
・MIDI対応によりMIDIキーボードなど使って、キーの選択、コードの設定、プリ セットの選択、コード変化の確認などのリアルタイムコントロールが可能(ライブパフォーマンスでも威力を発揮)
・内蔵されたチューナーが、クロマチック、またはスケールモードで動作(ニュアンスを残すため、正確なピッチへのシフト度合いは調整可能)
・すべてのパラメーターの組み合わせを保存可能(あらかじめ36種類の代表的な設定がプリセット)
・スケールとコードはパネルからクリックするだけで選択可能
・時間軸上にコードとプリセットを独立して設定可能
・ライトモードでは、タイミングのフルオートメーションを記録可能
・リードモードでは、プラグインがホストに自動的に同期
・各パラメーター、プリセット、プラグインの状態、及びコードはXMLベースのファイルフォーマットを採用
・SSE/Altivec演算ユニットを採用することにより、パフォーマンスを最適化
・対応プラグインフォーマット:Win-VST/Win-RTAS/Mac-VST/Mac-RTAS/Mac-AU
・対応サンプルレイト:44.1 kHz/48 kHz/88.2 kHz/96 kHz/176.4 kHz/192 kHz

動作環境

※Mu Voiceをお使いいただくには、iLok(USBドングル)が別途必須です。別途お買い求めになり、ライセンスの転送をする必要があります。

Windows

・1.5 GHz以上のCPUを搭載したマシン
・512 MB以上のRAMサイズ
・Windows XP/Windows Vista
・空きUSBポート
・iLokドングル(別売り)
・VST、またはRTASに対応したホストアプリケーション
・インターネット環境(ライセンス認証のため必須)

Mac

・PPC G4以降のマシン、Intel Macを推奨
・Mac OSX 10.4以上
・空きUSBポート
・iLokドングル(別売り)
・AudioUnit、VST、またはRTASに対応したホストアプリケーション
・インターネット環境(ライセンス認証のため必須)

ラインナップと価格

Mu Voice

メーカー希望小売価格 38,000円(税別)

販売店を選ぶ

  • ロックオンカンパニー
  • サウンドハウス
  • アマゾン