MORLEY

George Lynch TRIPLER / Model Tripler

TRIPLER 製品概要

MORLEY社と言えば個性的かつ高機能なワウペダルやボリュームペダルで知られていますが、様々なルーティングのできるラインセレクターも多岐に渡って開発し、世に送り出しています。
ジョージ・リンチとの共同開発によって生まれたTRIPLERは、1IN/3OUTのセレクターボックスです。1本のインプットから同時に3つのアンプを鳴らすルーティングや、3種類のプリアンプに送るルーティング、各チャンネルを別のエフェクターボックスに送るルーティングなど様々な組み換えがフットスイッチで行える優れたスイッチボックスです。
また入力した信号を同時に3アウトする際に生じるレベル・ロスを解消するBOOSTノブも搭載されています。

TRIPLER 主な仕様

・INPUT:1インプットジャック
・OUTPUT:3アウトプットジャック(AMP 1/AMP 2/AMP 3)
・スイッチ:3セレクタースイッチ(AMP 1/AMP 2/AMP 3)
・BOOSTノブ:ブースト量を調整するためのノブ
・LED:セレクト時点灯
・アダプタージャック
・筐体内電池ボックス:9V角型電池用電池ボックス
・9Vバッテリーにて動作。または9V DC アダプター(センターマイナス仕様)
*Morley専用アダプターの国内販売はありません。9V乾電池でのご使用を推奨します。

TRIPLER セッティング例

ベーシックなセッティング

3系統のアウトプットを3台のギターアンプに接続。
(1) 1台づつのギターアンプを曲に応じて使い分ける。
(2) 2台~3台のギターアンプを同時に鳴らしMIXサウンドをクリエイト。
(3) バッキング時は2台のMIXサウンドで鳴らし、ソロ時に3台目をONして3台のMIXサウンドを。

ラインミキサーと組み合わせて3台のプリアンプのMIXサウンドをクリエイト

このセッティングによって、ギターアンプ3台でのセッティングと同様に曲に応じて1台づつのプリアンプを使い分けたり、MIXサウンドをクリエイト可能です。ラインミキサーを併用することにより、3台のプリアンプのパンニングをミキサー上で設定可能な為、より繊細なMIXサウンドをクリエイトできます。

MORLEY ABYと組み合わせてペダルエフェクターのルートセレクターとして使用する

トライプラーのアウト1に、ギターソロ用エフェクターを接続し、ABYのBに接続。
トライプラーのアウト2に、バッキング用エフェクターを接続し、ABYのAに接続。
トライプラーのアウト3に、チューナーを接続。
ABYのIN/OUTジャック(ここではOUTととして使用)からギターアンプに接続。

トライプラーのアウト1,2,3は常時ONの状態にしておき、ABYのAorBスイッチ(右側のスイッチ)を踏むことによってバッキング用のエフェクターとギターソロ用のエフェクターのどちらをギターアンプに出力させるのか切り替える。

(注) ABYのAandBスイッチ(左側のスイッチ)によって、ABYのAとBに入力される信号がMIXして出力されますが、ABYの設計上、MIXしての出力は本来対応していない機能ですので使用しないでください。

価格

George Lynch TRIPLER / Model Tripler

実勢価格 12,000円(税別)
JAN:4530027306671

※2017年5月12日より価格改定
ページトップへ