LT-TB は Aurora と Hilo に Thunderbolt 接続機能をもたらす LSlot インターフェイスです。
2基の Thunderbolt ポートを備え、Windows / Mac 環境にて複数の Thunderbolt デバイスのデイジーチェーン接続に対応します。

詳細

LT-TB には Intel の第2世代 "Cactus Ridge" の Thunderbolt コントローラが採用されています。また他の Lynx 製品と同様に、LT-TB にもFPGAが組み込まれており、オーディオミキシングとコントロールに関する機能更新も適宜行えるようになっています。

Lynx は LT-TB のリリースにあたり、Apple と Intel のサポートを得ながら数ヶ月に渡る動作テストを重ねました。結果、市場にある様々な Thunderbolt 認定デバイスとの互換性が保証されています。

初期の Thunderbolt コンバーターのように「接続は2台、最大32アナログチャンネルまで」といった制限はありません。LT-TB は1ポートにつき6台までの Aurora を接続し、最大で96アナログチャンネル + 96デジタルチャンネルを扱うことが可能です。理論上、6基の Thunderbolt ポートを備える Mac Pro においては、最大で1,152チャンネルもの信号を扱える形となります。

Thunderbolt プロトコルは、コンピューターの Thunderbolt ポート1基に付き、最大で6台までのデバイスをデイジーチェーンで接続することができます。LT-TB には2基の Thunderbolt ポートが備わっているため、Lynx 製コンバーターの他にも、外付けドライブ、ディスプレイ、拡張シャーシ等といった様々なデバイスを接続できるようになっています。

LT-TB を含む Thunderbolt デバイスの他の優れた機能の1つとして「ホットプラグ」対応である点も挙げられるでしょう。これによって、Aurora や Hilo 等の Thunderbolt デバイスをドライバーの再インストールやリセットを必要とすることなく、簡単に抜き差しすることができるようになっています。

「Thunderbolt はパーソナルコンピューティング環境において、比類なき性能、柔軟性、シンプルさを提供します」と Intel は述べます。さらに Thunderbolt のマーケティングディレクター、Jason Ziller 氏は「Lynx LT-TB LSlot インターフェイスは Thunderbolt の可能性を体現する製品だ。」と評します。

Thunderbolt テクノロジーは、コンピューターとデバイスとのデーター転送を10Gbps (双方向同時) で行える高速接続を誇ります。これは USB 3.0 の実に2倍の速度です。

LT-TB LSlot カードは、既存の Aurora または Hilo に簡単にインストールすることが可能です。さらに現在、Lynx では工場出荷時に LT-TB をプリインストールしたモデル : Aurora(n)8-TB、Aurora(n)16-TB、Aurora(n)24-TB、Aurora(n)32-TB、そして Hilo-TB (シルバー / ブラック) もラインナップしています。

動作条件

  • Intel Core 2 @ 1.6kHz、またはそれに相当する AMD プロセッサーを装備したコンピューター
  • 2GB以上の空きRAM 
  • Windows 7 以降 (Windows 8、Windows 8.1、Windows 10) 
  • Mac OS X 10.9.5 以降
  • 使用可能な1つの空き Thunderbolt ポート (Thunderbolt 3 ポート互換、別売の Apple 製変換アダプターが必要)
  • Thunderbolt ケーブル (別売)

ほとんどのプロオーディオアプリケーションにおいて余裕のあるコンピュータのリソースが要求されます。DAWをはじめとするソフトウェアの推奨するシステム要件を満たすか、それを超えるような環境を強く推奨します。 

仕様は予告なく変更となる場合があります。

ページトップへ