LT-HD は、Avid HD I/O コンバーターの特性をエミュレートし、HDX および HD Native を含む Avid システムとのシームレスな連携、操作を実現する Aurora ならびに Hilo 用の LSlot インターフェイスです。

詳細

世界中のスタジオに定評ある Aurora と Hilo コンバーターを。LT-HD を装着した日、それは透明さを誇るハイクォリティ・コンバーターがスタジオ標準のI/Oインターフェイスになる時です。インストールと設定を合理化し、優れたオーディオ品質とチャンネル数を現行の全ての ProTools | HD システムにもたらします。

LT-HD を装着し、標準の DigiLink ケーブルを介して HDX、HD Native カードに接続された Aurora ならびに Hilo は、Avid HD I/O として認識され、全ての入出力機能、クロッキング、ルーティング、およびその他の設定を ProTools から制御できるようになります。そして ProTools の精確な遅延補正を得て、Avid HD I/O と同様のシグナルレイテンシーを提供します - これはまさに「プラグ・アンド・プレイ」システムと言えるでしょう。

LT-HD には1系統のプライマリと1系統のエクスパンション DigiLink ポートが用意されています。たとえ高いサンプルレートでの使用であっても扱えるチャンネル数が半減するようなことはなく、最大192kHzのサンプルレート時でもフルチャンネル数をサポートします。また、Lynx コンバーターを ProTools と使う恩恵はこれだけではありません。Lynx 独自の SynchroLock™ 技術によりジッターを極めて小さくし、デジタル信号の歪みを抑えます。

動作条件

  • Avid HD Native または HDX カード
  • ProTools HD ソフトウェア 10.1 以降
  • ProTools のバージョンに応じたシステム条件
  • DigiLink ケーブル (別売)
    ※LT-HD 側の端子は標準サイズとなります。

仕様は予告なく変更となる場合があります。

ページトップへ