Lynx 史上最も澄んだインターフェイス

Hilo は、Lynx の最先端コンポーネントと設計技術が投入された定評ある Aurora (オリジナルモデル) にさらなる改良が加えられた、アナログ・コンバージョンの頂点とも言えるモデルです。そのアナログ段における革新の回路設計とコンバーター・トポロジーは、従来では考えられないほどの鮮明さと深みを生み出し、驚異的なまでの低ノイズ、低歪み率を実現しています。

従来型のステレオ・コンバーターとは異なり、Hilo には独立した D/A コンバーターおよびフレキシブルなルーティングが行えるアナログ出力がステレオで3系統備わっています。メイン出力、モニター出力、さらにヘッドフォン出力は、それぞれ独立したソースの組み合わせ、およびレベルコントロールが可能です。

主な特長

  • 完全独立した2イン/6アウト、最大 32x32 までのデジタル拡張による A/D D/A 変換
  • カスタム設計のユニークなタッチスクリーンインターフェイス
  • ファームウェア更新による機能向上、改善、追加
  • 将来性も考えられた LSlot カード設計 - USB、Thunderbolt、ProTools®|HD、DANTE 接続に対応
  • リアルタイムメーター表示と解析ツール
  • 柔軟性に富むルーティングとモニターコントロール
  • 高品位ヘッドフォンアンプ
  • ロケーション (フィールド) レコーディング対応 - 通常のAC電源以外に、9-18v DC バッテリーパックで駆動可能
  • 2色のラインナップ - ブラックバージョンとシルバーバージョン

詳細

主な用途

マスタリングでアナログチェーンを活用
複数のスピーカーを用いたミキシング
ロケーション (フィールド) レコーディング
アフレコ・オーバーダビング
音楽鑑賞
アーカイビング (資産のデジタル化)

Hilo はピュアなオーディオクオリティーを求めるプロフェッショナルのために生まれました。

真のオールインワンデバイスとして設計された Hilo は、クラス最高峰の A/D D/A コンバージョンを核に、多彩なメーターと解析ツール、マルチ入出力、柔軟性に富むルーティングとモニタリングコントロールといった豊富な機能を備え、それらをタッチスクリーンで簡単に設定、保存、呼び出しが可能です。

ハードウェア

ソフトウェア

メーター
ルーティング
モニタリング
シーン
セッティング

メーター

Hilo は精確なレベル表示をリアルタイムで行います。デュアル水平表示、アナログスタイルのVUメーター、全入出力のレベル一括表示とスペクトラム解析を大型のLCDタッチスクリーンで切り替えでき、快適さと抜群の視認性を誇ります。

ルーティング

入力信号をどこに送るか、どの信号をヘッドフォンモニターするのか等、自由なルーティングが可能です。各出力ごとに対する独立した入力レベル調整、チャンネルモードとミュートの設定、そして出力レベルの補正等、柔軟性の極みです。

モニタリング

選択した4つのソースを個別にレベルマッチングし、マスターボリュームでグローバルに制御します。

シーン

デバイス全体の設定を呼び出します。用途別に様々なカスタム設定を保存することができ、切り替えも簡単です。

セッティング

サンプルレート、クロックソース、トリムを含む各種設定を Hilo 本体で直接変更することができます。

専用アプリケーション "Hilo Remote"

Hilo Remote は、Lynx の高性能リファレンス A/D D/A コンバーターシステム : Hiloを Mac / Windows コンピューター上で操作、および各セクションを視覚化するための無償アプリケーションです。Apple iPad バージョンの Hilo Remote も用意されており、こちらでは Hilo と iPad を別売の Apple カメラコネクションキットを介してUSB接続した有線モード、もしくは無償の専用デスクトップアプリケーション “LynxRedirector”を介してコンピューターと接続された Hilo (USBもしくはThunderboltモデル) をリモートコントロールする Wi-Fi モードが利用できます。

Hilo Remote は大きく分けて2つの画面で構成されています。"Monitor" 画面ではメーター表示ならびに各チャンネルのルーティング、独立したレベル調整、パン調整を扱います。ヘッドフォン出力とadat入力に関しては、実際に Hilo にデバイスが接続された際にモニター画面に表示されるようになっています。"RTA" 画面では、選択されたチャンネルペアのスペクトラム解析をリアルタイムで表示します。

モニターページ左側の "Adapter" パネルでは、クロックソース、現在のサンプルレート、そして SynchroLock のステータスを含むサンプルクロック情報が表示されます。また、アナログライン入出力のリファレンスレベル(トリム)、デジタル入力ソース、デジタル出力モード、サンプルレートコンバーターモードの有効/無効の設定もここで扱います。"LSlot" セクションでは、最大16チャネルの USB または Thunderbolt I / O のルーティング、モニタリング、およびメーター表示へとアクセスすることができます。

Hilo Remote のダウンロードはこちらから (英語サイトとなります)

技術仕様

アナログパフォーマンス

ライン入力 L/R

  • THD+N (高周波歪率) : -114dB @1kHz、-1dBFS、20kHz フィルター、+22dBu トリム
  • ダイナミックレンジ : 121dB、A-weighted、-60dBFS シグナルメソッド
  • 周波数特性 : ± 0.01dB、20 – 20 kHz 
  • 最大クロストーク : -140dB @ 1kHz、-1dBFS シグナル
  • フルスケールトリム設定 : +0dBV、+2dBV、+4dBV、+6dBV、+18dBu、+20dBu、+22dBu、+24dBu
  • 接続端子 : XLR メスコネクター

ライン出力L/R

  • THD+N (高周波歪率) : -109dB @ 1kHz、-1dBFS、20kHz フィルター、+22dbu トリム
  • ダイナミックレンジ : 121 dB、A- weighted、-60dBFS シグナルメソッド
  • 周波数特性 : ± 0.02 dB、20 – 20kHz 
  • 最大クロストーク:-135dB @ 1kHz、-1dBFS シグナル
  • フルスケールトリム設定:+0dBV, +2dBV, +4dBV, +6dBV, +18dBu, +20dBu, +22dBu, +24dBu
  • 接続端子:XLRオスコネクター

モニター出力L/R

  • THD+N (高周波歪率) : -107 dB @1kHz、-1dBFS、20kHz フィルター、ボリューム最大
  • ダイナミックレンジ : 121 dB、A- weighted、-60dBFS シグナルメソッド
  • 周波数特性 : ± 0.02 dB、20 – 20kHz
  • 最大クロストーク : -135dB @ 1kHz, -1dBFS シグナル
  • 最大出力レベル : +24dBu または +10dBu、ジャンパーで選択
  • 接続端子 : 1/4”TRSコネクター

ヘッドフォン出力

  • THD+N (高周波歪率) : -107 dB @1kHz、-1dBFS、20kHz フィルター、最大ボリューム
  • ダイナミックレンジ : 121 dB、A- weighted、-60dBFS シグナルメソッド
  • 周波数特性 : ± 0.02 dB、20 – 20kHz
  • 最大クロストーク : -130 dB @ 1kHz、-1dBFS シグナル
  • 最大出力レベル : +19dBu
  • 接続端子 : 1/4”ステレオヘッドフォンジャック

デジタル入出力

  • AES/EBU : トランスフォーマーカップルのXLRコネクター
  • S/PDIF コアキシャル : トランスフォーマーカップルのRCAジャック 
  • S/PDIF オプティカル : 光角形 (TOSLINK) コネクター
  • ADAT : 8チャンネル @ 48kHz (オプティカルコネクタ選択時)

その他

サンプルレート

  • 192kHzまでの一般的なサンプルレートに対応、SynchroLock サンプルクロックジェネレーターによる高精度処理

クロック同期ソース

  • インターナル
  • 外部ワードクロック:75ohm TTL 信号 BNC コネクター、AES/EBU、あるいは S/PDIF 入力

LCDディスプレイ

  • 480 x 272 LCDタッチスクリーン

LSlot による接続オプション

Hilo には多彩な接続オプションが用意されています - LSlot (エルスロット) 設計によって、必要に応じて接続方式を変更することが可能です。

動作条件

Hilo は、USB、Thunderbolt、Dante (Ethernet) 経由で Mac もしくは Windows PC 環境上にて動作するよう設計されています。

ほとんどのプロオーディオアプリケーションにおいて余裕のあるコンピュータのリソースが要求されます。DAWをはじめとするソフトウェアの推奨するシステム要件を満たすか、それを超えるような環境を強く推奨します。

共通環境

  • Intel Core 2 @ 1.6kHz、またはそれに相当する AMD プロセッサーを装備したコンピューター
  • 2GB以上の空きRAM
  • Windows 7 以降 (Windows 8、Windows 8.1、Windows 10)
  • Mac OS X 10.9.5 以降
    Hilo-DNT(Dante)は、Mac OS X 10.10.5 以降

USB 接続

Thunderbolt 接続

  • 使用可能な1つの空き Thunderbolt ポート (Thunderbolt 3 ポート互換、別売の Apple 製変換アダプターが必要)
  • Thunderbolt ケーブル (別売)
    LT-TB についてさらに詳しく >

Dante 接続

  • 標準の Ethernet ポート (100Mbps、Gigabit)
  • 32x32 チャンネル @ 48kHz (16x16 チャンネル @ 96kHz、8x8 チャンネル @ 192kHz) 以上のチャンネル数はギガビット (1000Mbps) 環境が必須
  • ギガビット対応のスイッチングハブ
  • 無線LAN (Wi-Fi) の Ethernet インターフェイスは非サポート
  • CAT5e または CAT6 規格の Ethernet ケーブル (別売)
    LT-DANTE についてさらに詳しく >

iOS - USB接続のみ

  • iOS 7 以降
  • iPad 2 以降
  • Apple カメラコネクションキット (別売)

仕様は予告なく変更となる場合があります。

ページトップへ