AES16e は、24ビット/192kHz対応、モノラル16 (ステレオ8) チャンネルの AES/EBU 入出力を備える PCIe型サウンドカードです。基本モデルに加え、16チャンネル分のサンプルレートコンバージョン機能を備える AES16e-SRC もラインナップしています。

主な特長

  • 最大24ビット/192 kHz、AES/EBUフォーマット、トランスフォーマーカップルのモノラル16 (ステレオ8) チャンネル入出力、シングルワイヤー/デュアルワイヤーともに対応
  • (AES16e-SRC) 16チャンネルサンプルレート変換 : 最大変換比率16:1、ダイナミックレンジ 144dB、THD+N -140dB
  • 高性能な内蔵デジタルミキサー
  • サンプルレートの選択、同期ソースの選択、チャンネルルーティング、バッファサイズ等、関連する全ての設定をホストコンピュータから制御、モニタリングすることが可能
  • 5.1 および 7.1 サラウンド再生フォーマットのマルチチャネル・サポート
  • 外部同期の際のジッターを3000:1で軽減する SynchroLock™ サンプルクロックジェネレーター
  • WDM / ASIO 2.0 (Windows)、Core Audio (Mac) サポート

※本製品に接続用ケーブルは付属していません。

詳細

AES16e は、業界標準となった前モデル AES16 の進化バージョンです。アップデートされた機能群とともに、PCIeならではの魅力のひとつである余裕あるバンド幅がデータ転送のボトルネックとオバーヘッドを大きく軽減し、コンピューターベースのハイエンドオーディオをより安定した確かなものとします。

AES16e (PCI Express x1 仕様) は192kHzのサンプルレートにおいて、シングルワイヤー/デュアルワイヤーモードの両方で16チャンネルの24ビットAES/EBUデジタルオーディオを提供します。デジタルコンソール、マルチチャンネル A/D D/A コンバーター、ハードディスクレコーダー、DAW、その他デジタルオーディオ機器とのシステム構築に最適なモデルで、Windows / Mac 環境に対応しています。

シリーズとして、AES16e-SRC もラインナップされています。AES16e-SRC は16チャンネル分のサンプルレートコンバージョンを備えたバージョンで、8つのデジタル入力ごとに設定が行えます。

動作条件

  • Windows 7 (32-bit or 64-bit) 以降
  • Mac OS X 10.9.5 以降の Intel Mac 
  • Intel Core 2 @ 1.6 GHz 以上のCPU
  • 2GB以上の空きRAM 
  • PCI Express 空きスロット
  • 1024 * 768 以上の解像度のディスプレイ

ほとんどのプロオーディオアプリケーションにおいて余裕のあるコンピュータのリソースが要求されます。DAWをはじめとするソフトウェアの推奨するシステム要件を満たすか、それを超えるような環境を強く推奨します。

本製品はMac環境において、Thunderbolt - PCIe 拡張シャーシにも対応します。

  • Magma ExpressBox 3T 
  • Sonnet Echo Express PCIe 2.0 Thunderbolt 拡張シャーシ 
  • Sonnet xMac mini Server

仕様は予告なく変更となる場合があります。

オプションケーブル

CBL-AES1604

  • AES16e のDB-26(D-Sub26ピン)コネクターからXLRコネクター (8イン/8アウト = XLRオス×4 / XLRメスx4 + 外部クロック用BNC) に変換
  • 長さ : 約1.8m

※2本必要となります。

CBL-AES1605

  • AES16e のDB-26(D-Sub26ピン)コネクターからヤマハデジタルフォーマットDB-25(D-Sub25ピン)コネクター(8イン/8アウト)に変換
  • 長さ : 約3.6m

※2本必要となります。

ページトップへ