現代に蘇るヴィンテージ・シンセのDNA

Syntronikは、先進のサンプリング技術と、IKならではのモデリング技術に基づくシンセサイザー・エンジンを組み合わせたハイブリッド・タイプのヴァーチャル・インストゥルメントです。

丁寧にマルチ・サンプリングされたヴィンテージ・シンセサイザー / ストリング・マシン名機38機種のサンプルをベースにした、17のインストゥルメント、総計2,000種類以上のプリセット・サウンドが用意されています。最良のコンディションの機材から収録したサンプルをコア音源としながら、各機種に最適化されたインターフェース、オシレーターの繊細かつ微妙なゆらぎを再現するIK独自のDRIFT™技術、そして4種類のアナログ・フィルター・モデルといった独自のエンジンにより、まるでオリジナル実機を操作しているような感覚で音作りが楽しめます。

加えて、4パートのレイヤー / スプリット機能を備えています。各パートにはアルペジエーター機能と、5つまで同時使用可能な縦型ランチボックス・スタイルのエフェクター・スロットが装備されており、これらを自由に組み合わせることで、複雑なサウンド・テクスチャーやリズム / シーケンス・パターンの作成からサウンド・デザインに至るまで、Syntronikだけで実現可能です。

Minimod (Based on Modular Moog, Minimoog Model D, Moog Voyager)
OXa (Based on Oberheim OB-X, OB-Xa)
J-8 (Based on Roland Jupiter-8, Jupiter-6, Jupiter-4)
Pro-V (Based on Sequential Circuits Prophet-5, Prophet-10)
V-80 (Based on Yamaha CS-80, GX-1, CS-01II)
Harpy 260 (Based on ARP 2600)
T-03 Based on Roland TB-303 Bassline
Blau (Based on PPG Wave 2.3)
Bully (Based on Moog Taurus I, II, 3)
Galaxy (Based on Alesis Andromeda)
SAM (Based on Oberheim SEM - Synthesizer Expander Module)
String Box (Based on ARP String Ensemble, Elka Rhapsody 490, Hohner String Performer, Roland RS-505 Paraphonic, Roland RS-09 Organ/Strings)
Polymorph (Based on Moog Polymoog, Opus 3, Rogue, Realistic Concertmate MG-1)
99 (Based on Yamaha SY99)
DCO-X (Based on Roland JX-10, JX-8P, JX-3P)
Noir (Based on Multimoog, Micromoog, Moog Prodigy)
J-60 (Based on Roland Juno-60)

ヴィンテージ名機のDNAを継承

Moog、Oberheim、Sequential Circuits、ARP、RolandそしてYamahaなどのヴィンテージ・シンセサイザーのサウンドを正確に再現するためには、まず第1に、それぞれの機種のオシレーターを丁寧にかつ注意深くサンプリングする必要があります。IKでは、実機そのものの音響特性を再現しつつ、かつ自由にエディット可能なコア音源を得るべく、最良のコンディションのヴィンテージ実機をプライベート・コレクションから集めました。そして、それらを何年にも渡って丁寧にサンプルを収録してきたのです。各オシレーターのサンプルは、オシレーター・シンク、FMモジュレーションなどのヴァリエーションだけでなく、同音連打時も自然なサウンドとして響くよう、ラウンド・ロビン用のサンプルもが丁寧に収録されています。その総計はなんと70,000サンプル以上、サイズにして約50GBにもおよびます。

まるでヴィンテージ・シンセのミュージアム

Syntronikには、以下のヴィンテージ・シンセサイザー / ストリング・マシン名機38機種のサンプルをベースにした、17のインストゥルメント、総計2,000種類以上のプリセット・サウンドが用意されています:

Alesis Andromeda・ARP 2600・ARP String Ensemble (Solina)・Elka Rhapsody 490・Hohner String Performer・Micromoog・Minimoog Model D・Modular Moog・Moog Opus 3・Moog Prodigy・Moog Rogue・Moog Taurus I・Moog Taurus II・Moog Taurus 3・Moog Voyager・Multimoog・Oberheim OB-X・Oberheim OB-Xa・Oberheim SEM (Synthesizer Expander Module)・Polymoog・PPG Wave 2.3・Realistic Concertmate MG-1・Roland Juno-60・Roland Jupiter-4・Roland Jupiter-6・Roland Jupiter-8・Roland JX-10・Roland JX-3P・Roland JX-8P・Roland RS-09 Organ/Strings・Roland RS-505 Paraphonic・Roland TB-303 Bassline・Sequential Circuits Prophet-10・Sequential Circuits Prophet-5・Yamaha CS-01II・Yamaha CS-80・Yamaha GX-1・Yamaha SY99

ハイブリッドなシンセシス・アーキテクチャー

オリジナルの実機のサウンドを可能な限り忠実に再現するために、IKでは回路レヴェルからアナログ・フィルターのモデリングを行いました。MinimoogやModular Moogでお馴染みの Moogトランジスター・ラダー・フィルター、Jupiter-8やJuno-60に搭載されていたRolandのIR3109チップ、またProphet-5、Oberheim OB-Xa、そしてMemorymoogなどに搭載されていたCurtis CEM3320チップ、そしてOberheim SEMステート・ヴァリアブル・フィルター、合計4種類の古典的アナログ・フィルター・モデルが、Syntronikに装備されています。

こうした古典的なアナログ・フィルターのモデリングと、丁寧にマルチ・サンプリングされたオシレーターのサンプルをハイブリッドに組み合わせることで、ヴィンテージ名機のサウンドが可能な限り忠実に再現されているのです。

それだけではありません。オシレーター部とフィルターの組み合わせは自由自在ですから、「OberheimのオシレーターにMoogのフィルターをパッチング」といった、かつては夢物語であったことがデジタルの領域で実現可能になるのです。

加えて、フォルマント・フィルター、フェイズ・フィルターといったモダンかつパワフルなデジタル・フィルターも装備されていますから、「アナログ・シンセサイザーの波形をデジタル・フィルターで加工する」ことも可能になるのです。

IK独自のDRIFT™技術

アナログ回路には、常に不安定な要素が存在します。Syntronikでは、新開発の “DRIFT”技術が採用され、サンプル音源の再生に、アナログ回路独特の微妙なゆらぎを加えることを可能にしています。サンプルが発音される度に、位相、音色、ピッチなどを微妙に変化させることで、アナログ・オシレーターのふるまいを再現しています。このアナログ回路独特の揺らぎをエミュレーションしたDRIFT機能を装備することで、シンプルなデチューンやマルチ・ソース・モジュレーション以上に、有機的で、生き生きとしたアナログ・フィールにあふれたオシレーター部が生まれたのです。

洗練されたGUI

Syntronikを操作するのに、シンセサイザー・プログラミングの専門家である必要はありません。それぞれのシンセサイザーをより簡単に操作していただくために、17種類の専用ユーザー・インターフェースが用意されています。まるでオリジナル実機を操作しているような感覚で、サウンドのエディットを素早く簡単に行うことができるのです。

パワフルなエフェクト機能

Syntronikには、著名なコーラス・エフェクトをモデルに新たに開発されたEnsemble Chorusを含め、お馴染みT-RackSシリーズやAmpliTubeシリーズ譲りのエフェクト・モデルが38種類も内蔵されています。グラフィック・ユーザー・インターフェースには「ランチボックス・スタイル の縦型モジュールが採用され、パートごとに最大5つまで同時使用可能なエフェクト・スロットが用意されています。シンセサイザーのオシレーター部、フィルター部、そしてエフェクトに至るまで、自由に組み合わせることで、サウンド・デザインの可能性が無限大に広がります。

モジュレーション系

AM Modulation, Ensemble Chorus, Chorus C1, Electric Flanger, FM Modulation, Opto Tremolo, Phaser, Rotary Speaker, Small Phazer, Uni-V, AutoPan, Slicer

ダイナミクス / EQ系

Black 76, White 2A, Model 670, Parametric EQ, Vintage EQ-1A, Channel Strip

フィルター系

LFO Filter, Env Filter, Multi Filter, Wah 47

ディストーション系

Distortion, Crusher, Overdrive, Overscream, Lo-Fi, Phonograph

アンプ・モデル系

Flexi Amp, Modern Tube Lead, SVT Classic, Jazz Amp 120

リヴァーブ / ディレイ系

Hall Reverb, Plate Reverb, Digital Delay, Spring Reverb, Tape Echo, Stereo Imager

4パートのレイヤー / スプリットが可能

Syntronikは、4パートのマルチ・ティンバー音源です。直観的に操作できるユーザー・インターフェースにより、まるで「サウンドの壁」のような重厚なレイヤー・サウンドを構築したり、低音域と高音域に異なるサウンドをスプリット設定し、左手でベースを演奏しながら、右手ではリードを演奏したり、といったことも可能です。保存したスプリット / レイヤーは、簡単にかつ即座に呼び出しが可能ですから、パフォーマンス時の音楽表現の可能性を広げてくれるに違いありません。

ダイナミックなアルペジエーター機能を搭載

Syntronikの4つのパートそれぞれは、パワフルなノート / コード・アルペジエーターも備えています。アルペジオの音域を始めとする設定も、併せて保存しておくことが可能ですから、4つのパートのアルペジエーターを自由に組み合わせることで、有機的に変化するサウンド・テクスチャーや複雑なリズムのシーケンス・パターンの作成に至るまで、Syntronikだけで実現可能です。サウンド・デザインの可能性をさら広げてくれることでしょう。

求めるサウンドをすばやく検索

Syntronikには、洗練されたインストゥルメント / プリセットのブラウザー機能も装備されており、2,000以上ものファクトリー・プリセットを素早く探し出すことができるのです。キーワードで検索したり、ベース、リード、パッドといったカテゴリー別、「暖かい warm」、「歪んだ distorted」、「パーカッシヴ percussive」といったサウンドのキャラクターごと、モノフォニック、ポリフォニック、アルペジオといったタイプ別に分類してリスト表示したりといったこともできます。お気に入りのプリセットを即座に呼び出すためのお気に入り登録機能も用意されています。

SampleTank 3の拡張音源としてもお使いいただけます

Syntronikのサウンドは、定番サウンド&グルーヴ・ワークステーション、 SampleTank 3の拡張ライブラリーとしてシームレスに統合 することが可能です。SampleTank 3の膨大なアコースティック楽器、電子楽器、ドラム、グルーブとSyntronikのシンセサイザー・サウンドを組み合わせて、音作りの可能性がさらに広がります。

主な特徴

  • 直観的に操作可能な17種類のインストゥルメントを搭載。
  • シンセサイザー / ストリング・マシンのヴィンテージ名機38機種のサウンドを収録。
  • 入念にマルチ・サンプリングされた波形をベースにしたオシレーター部。
  • 4種類の古典的フィルター・モデルに基づく、フィルター機能。
  • アナログ回路のゆらぎを再現してくれるIK独自のDRIFT™技術。
  • オシレーターやフィルターの自由な組み合わせが可能。
  • 4パートのスプリット / レイヤーが可能。
  • 各パートに装備されたアルペジエーターにより複雑なリズム・テクスチャーを構築可能。
  • AmpliTube / T-RackS譲りの高品位なエフェクトを38種類装備。
  • 50GB以上ものサウンドをベースにした2,000以上ものファクトリー・プリセットを用意。
  • 洗練されたブラウザー機能を装備。
  • 画面に最適化してリサイズ可能なユーザー・インターフェース
  • SampleTank 3のライブラリーとシームレスに統合可能。
  • Mac/PCに対応し、64-bit Audio Units / VST 2 / VST 3 / AAXプラグインに対応するほか、スタンドアロン・アプリケーションとしても動作。

仕様 / 動作条件

製品仕様についての詳細はこちらのページをご参照ください(英語サイトとなります)。

IK Multimedia 製品のサポートについて

IK Multimedia 製品に関するサポートは IK Multimedia 社が行います。
こちらのリンク先ページをご参照の上、お問い合わせください。

IK Multimedia 社の Facebook では使い方のヒントやTipsが掲載されています。
こちらよりご参照ください。

オーディオ

ムービー

さらなるムービーはこちらへ >

ページトップへ