Android機器にユニバーサル対応した 初のデジタル・オーディオ・インターフェイス& ギター・エフェクト・プロセッサー

Androidでも極限までレイテンシーを抑えたAmpliTubeのデジタル・オーディオ・ エフェクトを

Androidにも新しい時代が到来しました!iRig UAは、Android 4.2以降を搭載し、USBホスト・モード / OTGモードに対応したAndroidスマートフォンやタブレットで、高品位なデジタル録音や、極限までレイテンシー(遅れ)を抑えたリアルタイムなエフェクト処理を可能にする、初のユニバーサルなデジタル・オーディオ・インターフェイス/ギター・エフェクト・プロセッサーです。 AmpliTube UA と併せてお使いいただくことで、高品位な、ギター / ベース・エフェクトを、Samsung、Sony、Motorola、LG、HTC、Xiaomi、Marshallなど、幅広い機種でお楽しみいただけます。

iRig UAは、その本体にDSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)を内蔵させることで、Androidディバイスでも極限までレイテンシーを抑えたエフェクト処理を可能にしました。アプリの AmpliTube UA は、iRIg UAの設定をコントロールしたり、プリセットを切り替えるユーザー・インターフェースとして機能します。AmpliTube UAの分かりやすいGUIにより、アンプやエフェクトの設定、保存、呼び出しなど、すばやくしかも簡単に行うことができます。

Samsung GALAXY Note Edge、GALAXY S5などのSamsungプロフェッショナルオーディオ対応機器、USBクラス・コンプライアンスに対応したAndroid 5搭載機器なら、Samsung SoundcampなどDAWアプリのオーディオ・インターフェースとしてもお使いいただけます。さらに、別売の USB to Micro-USBケーブル で接続することにより、Mac/PCでも高品位な1 In / 2 Outの高品位なオーディオ・インターフェイスとしても機能します。

Androidユーザーも、高品位なデジタル録音と、レイテンシーが極限まで抑えられたリアルタイムなエフェクト処理とともに、いつでも、どこでも、ギターやベースの演奏をお楽しみいただけるようになったのです。

Android機器やMac/PCとプラグ&プレイ

iRig UAの接続はとても簡単。iRig UAとAndroid機器を付属のOTGケーブルで接続し、ギターやベースをiRig UAにギター・ケーブルで接続するだけ。iRig UAは、極めてコンパクトなそのボディに、44.1 / 48KHzのサンプリング・レートに対応した24-bit A/Dコンバーターと高品位で低ノイズのプリ・アンプが内蔵しており、デジタルならではのクリアな音質で、ギターの録音やエフェクト処理を行うことができます。コンパクトなボディに多くの機能を詰め込んだiRig UAは、さまざまなAndroidスマートフォンやタブレットにユニバーサル対応しています。

iRig UAの実際の音声処理は、Android機器側ではなく、 AmpliTube UA によりコントロールされるiRig UAの内蔵DSPによって行われます。結果、オーディオ信号の入出力間の遅延は約2ミリ秒(2/1000秒)にまで抑えられており、機種により異なる、Android OS特有のレイテンシーの問題に悩まされる必要はありません。

iRig UAは、さらに、別売の USB to Micro-USB ケーブル で接続することです、Mac/PCでもお使いいただくことができます。iRig UAは、9種類のストンプ、4種類のアンプ、5種類のキャビネット、3種類のマイク、2種類のラック・エフェクトなど、合計23のギア・モデルを装備した無償の AmpliTube Custom Shop a のオーディオ・インターフェイスとしてもお使いいただけるのです。加えて、iRig UAをユーザー登録していただくことで、 AmpliTube Metal コレクション、Custom Shopでお好きなギアの追加購入にお使いいただける25 Gear Credits、そして T-RackS Classic が、IKアカウントに追加されます。

ギター・サウンドをコントロールする AmpliTube UA

iRig UAには、ギター&ベースのためのマルチ・エフェクト処理に対応したAmpliTube UAアプリが付属しています。この AmpliTube UA とiRig UAのコンビは、Androidプラットフォームでの音楽作りの新しい形を提案します。

iRig UAに入力されたギター、ベースの音は、ギター・エフェクト・アンプ・モデリング・アプリの代名詞となったAmpliTubeのサウンドでエフェクト処理された後、リアルタイムに出力されます。無償で提供されている専用アプリのAmpliTube UAには、9種類のストンプ・ボックス、5種類のアンプ、5種類のキャビネット、2種類のマイクロフォン、合計21種類のギアを装備しています。

AmpliTube UAでは、3つのストンプ・エフェクトを接続し、アンプ、キャビネット、マイクのモデルを組み合わせることで、お好みのギター、ベース・トーンを生み出すことができます。AmpliTube UAでは、他のOSバージョンのAmpliTubeに先駆けて、アンプの後にストンプ・エフェクトを配置する仕様も実現しました。

さらに、AmpliTube UAは、Fender®、Orange®、Ampeg®、Soldano®といった憧れのブランド・ギアや、AmpliTube SlashやAmpliTube Jimi Hendrix™など、IKの誇るシグネイチャー・コレクションから選りすぐられたギアを、アプリ内課金により追加することができます。こうしたギアを皆、ポケットやバックに入れてどこにでも持ち運ぶことができ、お好きな時に、お好きなところで、憧れのギアのサウンドでギターを演奏できるのです。

専用ハードウェアさえ凌駕するそのサウンド・クォリティ

今やAndroidモバイル・ディバイスも、ついにギター用マルチ・エフェクツ・ハードウェアと肩を並べるに至りました。iRig UAとAmpliTube UAのコンビネーションのサウンドは、iRig UAと同じ価格帯のギター用マルチ・エフェクツ・ペダルに匹敵する、否、もしかするとそうした専用ハードウェアさえ凌駕するサウンドを誇ります。

伴奏トラック入力用のAUX入力も装備

iRig UAとAmpliTube UAを組み合わせることで、いつでも、どこでも、ギターやベースの演奏をお楽しみいただけます。iRig UAには、楽器接続用のハイ・インピーダンス対応標準インプット、ボリューム調整可能なステレオ・ミニ・ヘッドフォン・アウト、付属のmicro-USB to OTGケーブルにてAndroid機器と接続する端子の他、ステレオ・ミニのAUX入力端子が装備されています。

この1/8インチのAUX入力端子にCDプレイヤーや携帯音楽プレイヤーなどの外部機器の出力を伴奏トラックとして入力すれば、携帯音楽プレイヤーなどで再生される楽曲にあわせてAmpliTube UAによってエフェクト処理されたギター、ベースの演奏を楽しむことができます。Android 5以降がインストールされた機種なら、Android機器に保存されているオーディオ・ファイルや、YouTubeなどのインターネット・ストリーミングからのサウンドと併せて、ギターやベースを演奏することさえ可能です。

主な特徴

  • USBホスト・モード / OTGモードに対応したAndroid 4.2以降搭載機種で動作。
  • 別売のUSB to Micro-USBケーブルでによりMac/PCでもオーディオ・インターフェイスとして動作。
  • レイテンシーを抑えたリアルタイムなエフェクト処理を実現。
  • Samsungプロフェッショナル・オーディオ対応機種、およびMac/PCではオーディオ・インターフェイスとして、デジタル・レコーディングが可能。
  • 32-bit DSPを搭載。
  • 44.1 / 48KHzのサンプリング・レートに対応した24-bit A/Dコンバーターを内蔵。
  • 高品位で低ノイズのプリアンプを内蔵。
  • AmpliTube UAが付属。
  • ユーザー登録により、Mac/PC対応のAmpliTube Metal、T-RackS Classic、AmpliTube Custom Shopでお使いいただける25 Gear CreditsがIKアカウントに追加されます。
  • 練習に便利な外部アナログ入力端子を装備。
  • ヘッドフォン端子とボリューム・コントロールを装備。
  • 入力信号の状態を色で識別可能なマルチカラーLED。
  • 極めてコンパクトかつ軽量な本体。
  • Android機器やMac/PCと接続するためのMicro-USBポートを装備。

仕様 / 動作条件

製品仕様についての詳細はこちらのページをご参照ください(英語サイトとなります)。

IK Multimedia 製品のサポートについて

IK Multimedia 製品に関するサポートは IK Multimedia 社が行います。
こちらのリンク先ページをご参照の上、お問い合わせください。

IK Multimedia 社の Facebook では使い方のヒントやTipsが掲載されています。
こちらよりご参照ください。

オーディオ

ムービー

さらなるムービーはこちらへ >

ページトップへ