Nektar アーティスト・ストーリー:Simon Grey

機材がヘビーになりがち...というのは、全てのキーボーディストの悩みでしょう。オーストラリアのキーボード・プレイヤー/プロデューサーの Simon Grey (Nektar 公式 YouTube チャンネルで LX88+ のデモ演奏を披露しているプレイヤー) にとっても、それは例外ではありません。ライブツアーも数多くこなす彼は、使用機材のパフォーマンスとサウンドに対して高い基準を設けています - 結果、彼は "ハイブリッド・セットアップ" を構築するに至りました。

Nektar アーティスト・ストーリー:Häzel

グラミーにノミネートされることは多くのミュージシャンたちにとっての夢ですが、それを叶えることは容易ではありません。絶賛される気鋭のアーティスト Gallant のトラック “Miyazaki”、その誕生の背景となったビートを生み出した Nektar Impact LX のユーザーであるメルボルンのプロデューサー Häzel は、夢を現実のものとした一人です。

次のページ
ページトップへ