2016年9月21日(水) FL Tips and Tricks vol.3「ドラム&ベース ~リズムセクションのグルーヴを極める~」

今回はズバリ“キックサウンドを作り込む”ことにテーマを絞り、FL Stuido 12を使用してキックサウンドメイクに関するポイントをレクチャーします。

このイベントは終了しました。

音圧感と存在感あるキックサウンドは、EDMを始めとするダンス系トラックでは必須ですが、なかなか思うようなサウンドにならずに悩む方も多いようです。今回はズバリ“キックサウンドを作り込む”ことにテーマを絞り、FL Stuido 12を使用してキックサウンドメイクに関するポイントをレクチャーします。

また、キックサウンドメイクは、EDMに限らず他のジャンルでも重要なポイントですので、楽曲制作におけるサウンドメイクのスキルアップを考えている方にもオススメの講座となるでしょう。

セミナー内容

  • キックサウンドの分析と基本的なキック音色作り
  • 目的別キック音色のエディット方法(アタック感を出す、音圧感を加える、サウンドの芯を出すなど)
  • エフェクターを使用したサウンド調整 など

毎回テーマをひとつに絞り、とことん掘り下げていくFL STUDIO の定期セミナー第3弾!

今回は、「リズムセクションのグルーヴを極める」をテーマに、ドラム、パーカッションのサウンドメイクを総括するとともに、実際の曲作りにおいて不可欠な、ベースパートとのコンビネーションを含めたリズムセクションに関するTipsやテクニックをご紹介します。

EDM以外のジャンルについてもできる限り採り上げ、幅広いジャンルで応用可能なリズムセクションのテクニックとなります。 リズム・グルーヴのサウンドメイクのクオリティアップを求めている方には有益な内容となることでしょう。

なお、本セミナーはそれぞれのテーマごとに完結した内容ですが、各テーマには関連性を持たせていますので、シリーズ終了時にはサウンドメイキング全般のノウハウを修得できるのもポイントとなっています。

・セミナー内容(予定)

ドラムセットのトータルサウンドメイク

パーカッションの打ち込みとサウンドメイクのポイント

ベースパートとのコンビネーションによるグルーヴ感の出し方 など

受講特典:ご自宅に戻られてからセミナー内容を再確認したい時の素材となる "復習用データ" を配布します。 このデータは、講師がセミナー中で解説した内容を自宅の制作環境でじっくりと研究する際の素材としてご活用頂くことができます。

■開催日時

2016年9月21日(水) 18:30スタート(19:30終了予定)

■開催場所

株式会社フックアップ ショールームスペース

〒110-0005

東京都台東区上野1-2-2信井ビル別館 5F

■講師

内藤 朗(有限会社FOMIS)

■受講料

3,000円(税込)

■定員

10名(先着順とさせていただきます)

■お申し込み方法

outlet@hookup.co.jp までメールでお申し込みください。

*メールの件名を「9/21 FLセミナー参加」とし、お名前、お電話番号のご記入をお願いします。

*基本的に弊社からお電話することはございません。

<内藤 朗:講師プロフィール>

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多岐に渡る分野で活動中。

音楽制作系のライターとしても広く知られ、DTMマガジン、サウンドデザイナー誌などでの連載他、寺島情報企画のポータルサイト「APPREVIEW」にてiOS音楽制作アプリに関連する幅広いテーマのコンテンツを執筆中。

近著ではLogic ProX攻略ガイドブック(サウンドデザイナー編集部刊)、DX7 30thアニバーサリーブック(ヤマハミュージックメディア刊)などの出版制作に関わっている。

また、数々の専門学校にて携わった講師歴も長く、その間に業界内に輩出した人材も多く、その指導力には定評がある。

現在、FOMIS Mu-Tech LAB等で講師を務めると共に、音楽教室コンサルティング、自社プロデュースによる様々なセミナーにて講師を行うなど、後進の育成にも積極的に取り組んでいる。

有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)正会員。

ページトップへ