Arrow で超簡単レコーディング!第3回 クリーン系ギターサウンドと空間系エフェクトを検証

Universal Audio のオーディオインターフェイス Arrow の使い方や特性についてご紹介します。ナビゲーターはギタリスト / 作編曲家 / 音楽プロデューサーの小川 悦司さんです。

UNIVERSAL AUDIO の新しいオーディオインターフェイス Arrow を掘り下げるこの連載の第3回目はクリーン系のサウンドメイクのコツと空間系のエフェクトについて紹介したいと思います。  


クリーンサウンドの選択肢は大きく分けて2つ!!

Arrow には Marshall Plexi Classic Amplifierプラグイン (以下、Plexi ) が付属しているので、要はこれを使うか?使わないか?ということになりますが、もっと普遍的に言い換えれば、ライン録音時にギターアンプのシミュレータ系のプラグインを使うか使わないか?ということでもあります。

さて、では今回はまず最初にデモ曲を聴いてみてください。

バッキングにクリーンのカッティング、サビでワウのバッキング、そしてリードもクリーンとワウの2種類のサウンドを使っていますが、どれに Plexi を使っているかわかるでしょうか?



・デモ曲のセッティング

それでは今回の楽曲で使った Arrow 搭載のUADプラグインの設定を紹介していきましょう。まずはこれです。


セッティングとしては、まずはじめに UNISON で Plexi を使って音を作り、Teletronix LA-2A Classic Leveling Amplifier (以下、LA-2A ) で軽くコンプレッションして、Pultec Pro Equalizers (以下、Pultec ) でイコライジングという流れです。

Plexi は各チャンネルのボリュームを上げていくと歪みますが、絞ればもちろんクリーンになります。コツは Arrow のインプットボリュームの設定やギター本体のボリュームやトーンも併用すること。そして Plexi の各 INPUT のバランスでトーンをコントロールすることです。Plexi はとかくミッドからハイがよく出るので、まず INPUT 2 のノーマルインプットで基本レベルを決めて、INPUT 1 のブライトチャンネルを足していく方法がオススメです。

次に LA-2A ですが、この段階のコンプは余り強くかけず、あくまでも軽めに。プレイによってはもちろんリミッターモードで使用しても良いでしょう。そして Pultec でサウンド補正です。

さて、このセッティングはどのパートのものかというと・・・・実はバッキングのカッティングギターのものです。お分かりなった方はさすが!!です。 

ちなみに使用したギターはテレキャスターで、ピックアップはフロントです。

またバッキングのサビで出てくるワウのセッティングは Plexi のみ変えていて、あとはギターのボリュームを少し絞ってコントロールしています。

セッティングは以下の感じです。念のため、INPUT 1 はミニマムではありません。


Plexi を使わないで質の良いクリーンの音を出すには???  

さてそんなわけで今回のリードパートの音には Plexi は使っていません。でもアンプを通したような芯のある音は出ています。さて、どのように作ったのでしょうか?

その答えがこれです!!


まず UA 610-B Tube Preamp and EQ (以下、UA610B プリアンプ ) で基本サウンドをつくり、PRECISION CHANNEL STRIP (以下、CHANNEL STRIP ) で音質を補正し、最後に 1176SE Classic Limiting Amplifiers (Legacy) でピークを軽く抑えています。

今回使ったギターは ES-335 ですが、まず UA610Bプリアンプ ではハイとローの出方をコントロールしています。セッティングを見ると、ハイを上げてローを押さえているのがわかります。そして CHANNEL STRIP では、とかくライン入力で不足するミッドを大きく足しています。ちなみにここではハイとローを少し削っています。「だったら UA610Bプリアンプ でハイを上げなければ・・・!?」と思われる方もいるかもしれませんが、実は UA610Bプリアンプ でつついているのは4.5KHz。CHANNEL STRIP でカットしているのは10KHz以上なのです。 

  

ギターアンプはハイが出ない!? 

オーディオコンポのスピーカーやモニタースピーカーは一般的にツイーターがあるので15-20KHzくらいまでの周波数をカバーできますが、ギターアンプのスピーカーはいわばウーファーです。周波数の特性的には5-6KHzを境に上はガクンと落ち込みます。ラインでギターサウンドが細く聞こえるのは、ひとつにはこのあたりの周波数が出すぎているからなのです。「尖らせたければ削る」が基本です。

  

・DAW上での補正に関して 

さて、今回の楽曲では特にバッキングのカッティングとワウをオケに馴染ませるためにもうひと工夫しています。それがこれです。

dbx 160 Compressor / Limiter プラグイン (以下、dbx160 ) 

※有償プラグイン。UAオンライストアでの通常価格:$199.00 


まずクリーントーンのカッティングには dbx160 を入れてアタック感の制御をしています。サウンドサンプルをお聴きください。


前半が dbx160 オフ、後半がオンです。アタック感が変わっているのがわかるはずです。単体で聴けば前半の方がいいのですが、オケ中では後半のサウンドの方がバランスがいいのです。これはギター単体でサウンドメイクするのではなく、オケ中でセッティングを微調整した結果です。  


そしてもう一つ、ワウの部分では Pultec を使っています。


サウンドサンプルは以下になります。


やはり前半が Pultec オフ、後半がオンの状態です。ここではワウの下の周波数を押さえてすっきりさせて、ピークの出るあたりもこのEQで抑えているのです。  


・空間処理

空間系のエフェクトはDAW上で UAD のプラグインを使っています。今回使った空間系は Real Verb Pro と UAD Delay Mod L です。


Real Verb Pro

Real Verb Pro の使い方のワンポイントとしては Resonance で低域を抑えること。特に今回の楽曲ではエレピもパッドもギターもこのリバーブを共用しています。その方が混じりが良いからですが、低域の残響はとかくオケが混沌としますので、必要がなければ少し抑えてやるのがポイントなのです。 


UAD Delay Mod L

UAD Delay Mod L はリードの決めの部分にだけ使っています。タイミングは「Sync」ボタンをオンにして付点八分音符に設定。モジュレーションは掛けていません。このディレイはモジュレーション搭載なのでコーラスやフランジャーとしてももちろん使えますので、一般的な楽曲であれば、これを数台と Real Verb Pro を1〜2台用意できれば空間系は十分と言えます。


さて、いかがだったでしょうか?次回は Arrow でボーカルレコーディングにチャレンジしてみます。お楽しみに!!  

小川悦司

ギタリスト / 作編曲家 / 音楽プロデューサー 

ギタリストとして竹本孝之、今井優子、牧野由依、 劇団四季、中川ひろたかなど、ロックからジャズ、ミュージカル、子供向けの音楽まで、幅広いジャンルのサポートやレコーディングに参加するほか、「ポケモン」「ビーダマン」「オハスタ」「生き物地球紀行」などのTV番組関連、また「アイシールド21」や「ウィザードリィ外伝」などゲーム音楽のレコーディングにも数多く参加。楽器フェア等各種催事では長年にわたってYAMAHAやHookUp、Internetなど国内外のメーカー、ベンダーのステージデモを担当。作編曲家、サウンドプロデューサーとしても五十嵐はるみ、折重由美子、米澤美玖、JAZZ LADY Projectなどのジャズ〜フュージョン系からソーシャルアイドルnotallなどまで幅広いジャンルのアーテイストを手掛ける。また、櫻井哲夫の全国ツアーオケやモーターショーの音源制作、USJのサウンドデザイン、菅沼孝三、川口千里、大高清美、梶原順らのDVDや出版物への楽曲提供、「アニソン・エクササイズ」の音楽監修も行っている。執筆家としての関連著書も非常に多く、その発行部数はトータル1000万部以上にのぼる。

関連記事

ページトップへ